株式投資で資産を増やす

株式投資で儲かる場面とは?売却益、配当、株主優待の3本柱を理解する

これから株式投資をはじめる方は、言うまでもなくまず証券会社に口座を開く必要があります。しかし、それよりも大切なのが「どうやって儲けを出すか」をきっちり頭に入れておくこと、です。

※既に株式投資をやっている方にとっては当たり前の内容だと思いますので、本記事はスキップしてください。この記事は初心者向けの内容です。

株式投資で儲かる場面

株式を投資する目的は、多くの場合は「儲けを出すこと」だと思います。ではどんな儲かる場面とはどういう状況でしょうか?株式投資で得ることができるリターンは次の通りです。※ここでいうリターンとは金銭のみには限らないです。

・売却益を得る

・配当を得る

・株主優待を得る

株式投資でリターン(儲け)が出るのは、基本的にこの3つのみです。ひとつずつ見ていきましょう。

売却益を得る

これはその名の通り、売却するときに生じた利益を得ることです。つまり具体的には、「(株の売却価格 − 株の購入価格)× 株数」によって計算されます。

配当を得る

すべての企業ではありませんが、一部の企業は株主への配当(配当金)を出しています。この配当金がリターンとなります。

株主優待を得る

これも一部の企業になりますが、株主への還元施策として株主優待を出している企業があります。この優待も立派なリターンです。有名どころでは、マクドナルドや吉野家などが、店舗で使用できる食事券を優待として配布していたり、ANAやJALなどの航空会社が、航空券を割引価格で購入できる優待を提供したりしています。

実際に経済的メリットを得ることができるため、立派なリターンといえます。

保有スタイルはさまざま

ここまで見てきたように、株式を保有することで得られるリターンには3種類あります。

リターンを得るための難易度が最も高いのは「売却益」です。株式を購入した後に株価が上昇した場面で売却しない限り、このリターンを得ることはできません。つまり、自分自身でコントロールできない部分が多いのです。

一方、「配当」「株主優待」によってリターンを得ることは比較的容易です。企業側が発表している「配当」「株主優待」に変更がない限り、その企業の株式さえ保有していれば、このリターンを享受することは可能です。

つまり、3つのリターンのうちどのリターンを狙いに行くかで、株式の保有スタイルを変えていくべきと言えます。

しっかり自身の資産運用計画や投資目的と照らしてリターンを狙うようにしましょう。

株をはじめるならマネックス

初心者にも経験者にも使いやすい
マネックス証券おすすめ!


✔  米国株取引に強みあり!
✔  スマホアプリも充実!!
✔  最短3分で申込み完了!

マネックス証券で口座開設